「エアウィーヴマットレス」の感想「四季布団」「エアリープラスマットレス」との比較 - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

「エアウィーヴマットレス」の感想「四季布団」「エアリープラスマットレス」との比較


前回の「覆面調査」記事の続きです。
次に「エアウィーヴマットレス」を試しました。こちらは厚さ3.5p。
カバーの冬用面はキルティングですが「四季布団」のキルティングより薄い感じがします。
普通の敷き布団の上にのせて展示されていました。

キルティングの厚さの違いでしょうか「四季布団」のようなふかっとした感じがありません。
反発力、硬さ的には「四季布団」と同じ感じですが、寝返りすると「四季布団」とは別の感覚です。
厚さを測らなくても、「四季布団より薄い」というのが感じ取れます。
それは、下に敷いてある布団の性質が加わったからだとわかるからです。
下に敷いた布団がフカフカしていれば、高反発という感覚が薄れるだろうと思います。
(つまり、エアウィーヴマットレスを直接床に敷いたときと、敷き布団やマットレスなどに乗せたときの違いは大きいということです。)

以前に同じ展示ブースで試したときは、敷き布団ではなく約5p厚のウレタンマットレスの上に敷いてありました。
その時は高反発マットレスというイメージのエアウィーヴの良さが全くなくて、ゆらゆら揺れて気分が悪くなり、『なんじゃ!こら!?』でした。

基本的に「エアウィーヴマットレス」は直接床に敷かずに、敷き布団やマットレスの上にのせて使う、という使い方です。
単体での使用はすすめていません。
 *クッション材の厚さが足りないので湿気がこもるそうです。
使い方について問い合わせたことがあります。こちらの記事を参考にしてください。
⇒ 商品ラインナップ〜使い方の相違について

しかし、布団やマットレスに乗せて使うと、下に敷いてあるものとの関係でまったく違う感覚になりますから、せっかくのエアウィーヴならではの「高反発力」や「通気性」などが損なわれるとおもうんですが・・・。

蒸し暑さ対策として寝ゴザ的に使うなら「エアウィーヴライト」でいいんだし・・・
どうもこの「エアウィーヴマットレス」のコンセプトが理解できないですね。(この価格ですし)
「エアウィーヴ製品の中では価格的に安いから」という判断はちょっと考える必要があると思いますよ。
ちなみに「四季布団」で感じた寝返りの時の揺れは感じませんでした。下に布団があるからでしょうか。
管理人的には高反発を期待するならエアウィーヴ製品の中では「四季布団」しか選択肢がないです。半端な「エアウィーヴマットレス」より「エアリープラスマットレス」が断然オススメです。

覆面調査、前回記事 
⇒ エアウィーヴ「四季布団」と「エアリープラスマットレス」使用感の比較


2015.7月 henko13.jpg
中のクッション材がエアウィーヴそっくりのものから他のエアリーマットレスと同じブレスエアーに変わりました。エアウィーヴよりヘタリにくいブレスエアーのハードタイプです。
詳しくはこちらの記事。
⇒  アイリスオーヤマのエアリープラスマットレスの素材が変更されました 




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます