むれずに快適なブレスエアー枕|ちょっと工夫の使用レポート - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

むれずに快適なブレスエアー枕|ちょっと工夫の使用レポート


枕カバーって、汚れるのが早いですよね。
後頭部って結構、汗をかきやすいし、皮脂も多いからでしょうか。
管理人の場合、もっとも蒸し暑いと感じるのが後頭部です。
ですから、通気性に優れたエアウィーヴやブレスエアーは理想的な枕素材だと思います。

管理人的枕の条件は
● 低い 
● 蒸れない
です。後頭部が出っ張っているので低い枕でないと首が痛くなります。
今まで使っているのは自作の「そば殻」のもので頭を乗せると、中央部分は1.5pくらいしかありません。この枕は快適ではあるのですが、小さいのが不満です。

そこで「エアウィーヴ」は価格的にとても無理だから、「せめて枕だけでも・・・」と張り切ってハンズに見に行きましたよ。
ところが、パッと見て即、却下でした。

エアウィーヴピローは高すぎる!(この場合、高さのことですw)
羽毛枕のような感じで、中央部がフックラと高くなったカタチ。最も高いところで10pはあります。

エアウィーヴピロー.jpg

「中は複数のシートが入ってますから、不要な分を抜き取れば、枕の高さを低くできます。」
と販売員が説明してくれましたが、低いものが欲しい者にとっては、始めから要らないものを買わされるわけで「なんだかな・・・」ですよね。1万4千円ちょっとです!
それに、今どきは中央部が凹ませてある枕が多いのに、逆に中央がこんもりと高くなっているというのにはガックリしました。

買う気満々で出かけたのでガッカリでしたが、ついでにエアウィーヴ体験が出来たのでよかったです。
エアウィーヴ体験レポートはこちらに書いています。
⇒ 「エアウィーヴ」体験/高反発です!硬いです!


そこで次に検討したのがアイリスオーヤマの「エアリーピロー」と、爽快潔リビングの「ブレスエアー枕」です。
どちらも曲線形状で、カバーも立体メッシュ生地。高さも6センチの低め。
*爽快潔リビングには高さ8センチタイプもあります。
両者の違いは中味のブレスエアーですね。それがどの程度か・・・!?

爽快潔リビングの「ブレスエアー枕」商品名【Aroma Villa DX(アロマヴィラ)】は、中味のサンプルを貰っているので想像が出来ます。こちらの記事に書いていますが、中身がつまったタイプのブレスエアーで、ソフトタイプです。
⇒ マカロニとスパゲティの違い〜ブレスエアーといっても違いがある

価格は「エアリーピロー」が安いです。いまならセール価格で4480円ですよ♪
しかし、人気のため「在庫なし」で発送が1ヶ月くらい先になります。
欲しいとなったらすぐ欲しくなるのでw ここは爽快潔リビングの枕に決定♪

高さ6センチの低いタイプを購入しました。中央部が円く凹ませてあります。
早速使ってみると、クッション性、硬さ加減が絶妙です。
あたりがソフトでほどよい反発力です。
しかし、管理人には中央部がまだ高すぎます。そこでこんな工夫をしました。

pilow.jpg

画像ではわかりにくいですが、中央部を結索バンドで綴じて低くしました。
これでなかなかグーになりました(^_^)v

こんな事が出来るのもブレスエアーという素材だからですね。ウレタンフォームでは無理です。
ウレタンフォームといえば、前に低反発枕を使ったことがあります。
ほんとにひどいシロモノで接触部分が蒸れて暑くなって、一晩使えませんでした。
エアウィーヴやブレスエアーの通気性に優れた組織は、マットレスや敷き布団に最適ですが、最もその良さを実感するのは枕ではないか、と思います。

曲線形状に加工されているものは、底面が平なので安定が良く、ほとんどずれないのがいいですね。
手前がカーブしているので、肩との間に隙間が出来ず、寒くないのがいいです。

エアリーピローも爽快潔リビングの枕も、高級感のある立体メッシュカバー付です。
管理人は、爽快潔リビングで別売りのスムースニットのカバーに取り替え、さらにニトリの麻生地の枕カバーを使っています。
実に肌触りがよく、後頭部もいつもさわやかで、これからの季節もばっちりだと思います。




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます