マットレス選びのポイント|体と同じ硬さのものがベスト - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

マットレス選びのポイント|体と同じ硬さのものがベスト


朝起きたとき、腰が重い感じがする・・・。
これは敷き布団・マットレスに原因があると考えられます。
腰痛.gif

■ マットレスの反発力が体に合っていない。
■ 敷き布団の腰の部分がへたって、腰が沈みすぎている。

後者の場合は、敷き布団に限らずマットレスでもあります。
長年使用しているうちに、体の重い部分の反発力が失われてしまう(へたる)からですね。


首や肩が凝っている場合は、枕があっていないことが考えられます。

マットレス選びのポイントは、あお向け・横向きの感じ、寝返りのしやすさです。

■ あお向け・・・腰が浮かない、沈まないか?
■ 横向き・・・枕をした状態で、肩が楽か?
■ 寝返り・・・寝返りしようとする力がスムーズに伝わるか?

マットの反発力が強すぎて体に合っていないと、腰が沈み込むことはありませんが、逆に浮いてしまい、これも腰痛の原因になります。
背骨が立っているときの姿勢に近い「S字」になるのが理想です。

次に「寝返りのしやすさ」は特に大切なチェックポイントです。
寝返りには次のような役割があります。

■ 睡眠中の血行を促進する
■ 筋肉のコリをほぐす
■ 寝床内の温度・湿度を適切に保つ

寝返りをしやすいマットレスの条件は、「体のかたさと近いこと」
硬さが近いものどうしは、力の伝わり方がスムーズです。


 一般的には、筋肉質でガッチリ体型の人にはやや硬めのマットレスが向いています。
 筋肉が少なくやわらかい体の人にはやや柔らかめのマットレスが向いています。


「エアウィーヴ」がアスリートに圧倒的支持を得ていることを考えると納得できますよね。
若く鍛えられた体の持ち主にとっては「エアウィーヴ」くらいの反発力が合っているんですね。
逆に筋肉より脂肪が多いwシニアの管理人にとっては、「エアウィーヴ」は反発力がありすぎて違和感がありました。

高反発マットレスを選ぶには、実際に寝てその感触を試すのが一番ですが、それが出来ない場合、使っている人の感想を参考にしますよね。その時に、自分と似たようなタイプの人かどうか、そのことも考える必要がありますね。

ブレスエアーだけでもいろいろな硬さのものがあります。
関連するこちらの記事を参考にして下さい。

⇒ マカロニとスパゲティの違い〜ブレスエアーといっても違いがある
⇒ ブレスエアーはいろいろです  




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます