エアウィーヴ・ブレスエアーどちらも使った人の感想〜口コミから - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

エアウィーヴ・ブレスエアーどちらも使った人の感想〜口コミから

エアウィーヴとブレスエアーの違いについて確かめたい、という人が多いですね。
それだけ「高反発マットレス」に興味を持っている人が増えてきているんですね。
エアウィーヴは高い買い物になるし、ブレスエアーにしても大きいものなので気に入らなければ取り替える、というわけにいきません。店頭で実際に試す機会もないとなれば、使っている人の感想を聞きたくなりますね。

自分にはエアウィーヴがあっているのか、ブレスエアーがあっているのか判断できない、それならエアウィーヴとブレスエアーの両方を試した人の感想が聞けると一番いいですよね。
そこでそういう口コミを検索しました。Yahoo!知恵袋にありました。
今回はわずかお一人の感想ですが、いろんな人のそれぞれの表現から、なにかが伝われば購入の参考になると思います。
 * これからもエアウィーヴとブレスエアーを両方使った方の口コミをレポートしたいと思います。

内容を要点のみ紹介します。

■ 構造は似てますが質感が違います。
  エアウィーヴ・・・しっとりさらさら。中身の材質が透明でツルッとした糸
  ブレスエアー・・・カサカサでザラザラ。
           白い糸状のプラスチックみたいなものでエアウィーブより硬く細い。

■ ブレスエアーは足で踏むとガサガサ音がするが、エアウィーヴはほとんど音はしない。
■ 共通してるのは通気性の良さと高反発な所。質感はエアウィーヴのが上だと感じる。


ふ〜む。感じ方は管理人の感想に近いけど、人によって表現が違うものですねぇ。
たしかにエアウィーヴはまるで釣り糸そのものでツルツルして透明です。
素材自体が硬いし太さも直径2oくらいですからかなりの硬さを感じます。
太さがランダムになっていますが、糸の形状は断面がほぼ正円なので三次元構造に固めたあとでも、表面的に均一な感触になります。
素材そのものの硬さと3次元構造によって硬い反発力を感じます。

片や、ブレスエアーの糸は中が空洞なので断面が均一ではありません。
断面が正円に近い部分あるし、少しつぶれた形の部分もあります。なので外側の曲面も均一ではなく、これがざらついた感触になるんですね。
切り口が楕円形のインスタント麺を想像してください。
あれって、麺が場所によって横向きだったり、縦向きだったりとねじれて、こんがらかっていますよね。あれと同じ感じです。

ブレスエアーの素材は「伸びに強く、復元力」があります。
*素材のペルプレンRはゴムとエンプラで出来ています。
素材には硬さはないのですが、粘性がありこれがゴムのような復元力を発揮します。
糸を中空にすることと、三次元構造にすることによって形状復元力と反発力(硬さ)が生み出されているんです。

管理人の感じた違いは
 ■ エアウィーヴの反発力はバネの感覚
 ■ ブレスエアーの反発力はバネの感覚と、ゴムのような「収縮力による復元」という感覚がある。エアウィーヴよりもソフトな感じがある。

詳しくはこちらの記事に書いています。
 ⇒ 使用レポート
*管理人がエアウィーヴ、ブレスエアー、エアリープラス(エアウィーヴと同じ釣り糸線維)を実際に試してそれぞれのマットレスの特長や違いについて感じたことを書いています。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます