こんな使い方をしています|ブレスエアー使用レポート - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

こんな使い方をしています|ブレスエアー使用レポート

管理人が購入したときは夏でした。なので、「とにかく涼しく眠りたい」というのが一番の購入動機でした。その為、カバーがない方が「最もブレスエアーの特性が活かせる」と考えて、クッション材そのものを購入。

しかし、いきなりそのままで寝てみると、直接肌が触れるところは汗ばみそうだったので、木綿のシーツでくるみました。管理人は厚手のシーツが好みなので、「ホテル仕様のオックスフォード地のフラットシーツ」です。
この状態で、夏は快適に眠ることが出来ました。

現状での管理人のブレスエアーの使い方はこの画像のような状態です。

on12.png

下から順番に説明します。
まずは、ベッドですが、これは引き出し付のタタミベッドです。
頑丈な発泡スチロールが芯材になった合成畳が乗せられたもので、クッション性はまったくありません。
これにウール100%のベッドパットをポリエステル100%のフラットシーツでくるんだものを敷いています。
そこに麻100%の袋式敷き布団カバーに入れた「ブレスエアー」を乗せ、薄い麻生地と裏地だけのパッド、さらにはマイクロファイバーのパッドを敷いています。
これがMy【真冬用の敷き布団】という事になります。

購入直後、季節は真夏でしたから、この時は

ウールのベッドパッドの上にシーツを掛けたブレスエアー
      ↓

秋口になり、麻のパッドを敷いてシーツでくるみました。
      ↓

真冬になり、さらにマイクロファイバーのパッドを敷いてシーツでくるみました。
麻のパッドをそのまま使っているのは単に横着です(^^ゞ

最近、袋式敷き布団カバーを導入。
ブレスエアーは滑りが悪くてシーツを取り替える度にやりづらいんですよね。なるべくサラッとした感じを保持したいので素材は麻にしました。

これで寒いと感じたこともないし、クッション性が変化したとも感じませんね。さすがに音はしなくなりましたよ♪

これから暖かくなり、暑くなっていくにしたがって
 ⇒ マイクロファイバーパッドを外し⇒ 麻のパッドを外します。

【ハダカのブレスエアー】だったので、特性を活かしながらパット類をプラスすることで季節に対応できました。
多分、始めから通気性が良いというメッシュカバー付の「ブレスエアー」なら、話は簡単でしたよねw

カバー付のブレスエアーを購入の際の注意としては、カバーの生地に通気性があるか? 又、何よりブレスエアーのタイプのチェックです。例えば
● アイリスオーヤマの「エアリーマットレス」は中空(マカロニ状)のハードタイプです。
● 爽快潔リビングの「マルチマット(NATURAL SLEEP)」は中実(スパゲティ状)のソフトタイプです。

★★ご注意★★
同じ中空タイプでも、扱いメーカーによった微妙に違います。中空と中実タイプはかなり違います。
マカロニ状の中空タイプの方が硬いですよ。しかし、どちらが自分に合うかどうかは試してみないとわからないですからね。お伝えするのが難しいです。





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます