アイリスオーヤマのエアリープラスマットレスの素材が変更されました  - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

アイリスオーヤマのエアリープラスマットレスの素材が変更されました 


このブログでエアウィーブとほぼ同じクッション素材と紹介してきたアイリスオーヤマのエアリープラスマットレスですが、中のクッション素材が変更されています。
いつから変更されたのか不明ですが現在の「エアリーマットレス」の素材はブレスエアーであるエアロキューブのハードタイプになっています。エアウィーヴと同じ釣り糸素材ではなく、中が空洞のブレスエアーです。

従来の(エアリーマットレスなどに使われている)エアロキューブとの違いについて、このような説明画像があります。

airly02.jpg


ちなみに旧タイプは品番ARPM-S 新素材は品番APMH-S  *どちらもSはシングル
今ならアマゾンには旧タイプも新タイプもあります。
エアウィーヴそっくりの旧タイプが欲しいならいま買わないと買えなくなりますね。
新品番は価格が安くなってます。旧品番も安くなっているからお得ですね。
旧品番 アマゾン⇒ アイリスオーヤマ エアリープラスマットレス シングル ARPM-S
新品番 アマゾン⇒ アイリスオーヤマ エアリープラスマットレス シングル APMH-S

実物を並べると違いはすぐ分かるのですが・・・、素材がブレスエアーになったのでスペック的にも重量が7.7sから4.83sと軽くなっています。(サイズもわずかに違います)
ちなみに同じサイズの定番のエアリーマットレスの重量が4.5sですが「新エアリープラスマットレス」は同じブレスエアーですが約330g重いです。これは目付が詰まって硬くなっているという事ですね。

品番は違いますが商品名が同じなので、樂天やアマゾンのレビューが旧タイプのレビューなのか、現行品のレビューなのか見極めないとマズイですね。品番をしっかりチェックしましょう。

直近の樂天レビューを見るとエアリーマットレスを使っていた人が、「こちらはだいぶ硬い。」と書いているものがあるので、硬さの違いははっきりしているようです。詳しくはこちら → 樂天レビュー引用元
又、このようなレビューもありました。参考になりますね。
・・・1ヶ月使ってみての感想です。
最初の1週間はほんと硬くて体のあちこちが悲鳴を上げてました。
が、それをすぎたあたりから体が慣れたのか硬さが平気になった上、とても腰が楽なことに気がつきました。かなりメッシュ感が強いですが、冬の東北で使ってもそんなに寒さは感じませんでした。

アマゾンのレビューでも硬さについては満足度が高いです。新品番APMH-Sをきちんとチェックしてみて下さい。新品番APMH-Sの質問欄に興味深い質問があります。
旧タイプ(エアウィーヴと同じ釣り糸素材のもの)は半年でヘタリましたが、新タイプの耐久性はどうでしょうか?

このあたりが素材変更の理由でしょうか!? *あくまで憶測です。

自分の場合、旧タイプのものは10分と寝ていられないくらい硬かったので、現行販売の「エアリープラスマットレス」もそこそこ硬いようです。
アイリスプラザで7月3日までセールしてます。なんとレビューを書いて「ひんやりシート」がもらえるようです♫ 入荷予定日が6月下旬とありますのでかなり人気が出ているようですね。

アイリスプラザ⇒ エアリープラスマットレス APMH-S(シングル)



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます