アイリスの【エアリープラス敷きパッド APPH-S(シングル)】がいい感じです。 - エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

アイリスの【エアリープラス敷きパッド APPH-S(シングル)】がいい感じです。


久々にアイリスプラザを覗いたら↓のように商品構成がわかるような画像が用意されていています。このブログで商品一覧を用意することもなくなったかな(笑)
airly01.jpg

エアロキューブ(=ブレスエアー)製品は、ここにあるマットレス・敷布団以外にも「敷パッド」があります。 * クッション、枕などもあります。
この「敷バッド」はエアリーマットレスから離されてヒッソリしてますがw、これ、価格の割りになかなかいい感じなんですよ。
厚みがエアリーマットレスと約1pの違い、三つ折りになっていないという違いです。

「敷パッド」のネーミング・商品説明が紛らわしい表示になっているので、少し補足しておきます。
敷きパッドの素材は標準と硬めの2種類あります。

まず標準の【エアリー敷きパッド】
エアリーマットレスで使われているのと同じエアロキューブで、カバーも含めた厚さが3.5センチあるし、ベッドで使うなら三つ折りタイプのエアリーマットレスよりいいかも♪ 安いし!

【エアリー敷きパッド PAR-S(シングル)】
*画像クリックで商品ページにリンクしてます。

アイリスプラザ エアリー敷きパッド シングル PAR-S


    -----------------------------------------------------------------------

そしてもうひとつの【エアリー敷パッド】がこちら。名前に「プラス」ついてますから上位版ですね。

【エアリープラス敷きパッド APPH-S(シングル)】  
*画像クリックで商品ページにリンクしてます。

アイリスプラザ エアリープラス敷きパッド シングル APPH-S

生産終了した旧製品でエアウィーヴにクリソツの釣り糸構造の素材をつかった【エアリープラスマットレス 品番ARPM-S】がありましたが、あれと同じ釣り糸素材なのかと思いました。そこで
※ 問い合わせて確認しました。
名前に「プラス」とありますが、中の素材は「エアロキューブ」(=ブレスエアー)です。

何が「プラス」なのか!?というと、これまでのマットレスに使われているエアロキューブよりも3次元構造の密度が高くてその分、より硬くなっているそうです。
※従来品よりかためのため、体格の良い方やかための寝心地が好きな方におすすめです。
とのことです。


要するにエアロキューブにハードタイプが出来て、それを使ったマットレスは【エアリーマットレス 品番APMH-S】(商品名はそのままで品番は変更)、敷パッドは【エアリープラス敷パッド】という商品なんですよね。
この記事でも説明しています。
⇒ アイリスオーヤマのエアリープラスマットレスの素材が変更されました 

*管理人的には「プラス」より「ハード」の方が明確で分かりやすのに、と思いますが。



【エアウィーヴ】にも「敷パッド」があります。こちらはスペックでは厚さ3センチとなっていますが、中のクッション材自体は2.5センチしかありません。
管理人が試した経験では、このくらいの厚さでは下にある敷布団、マットレスのクッション感の影響が強くて、イマイチこの商品を使う意味がわかりませんでした。
価格的にもエアリー敷パッドの2倍以上・・・(^^ゞ

【エアリープラス敷きパッド APPH-S(シングル)】がどの程度硬いのかわかりませんが、厚さが3.5センチあるし、価格を考慮したらエアウィーヴよりも【買い】じゃないかな。
アイリスプラザでは敷パッド売れ行きランキング1位の人気ぶりです。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます