エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ

-  |  次の3件 »

寝心地を決める「密度と厚み」を極めたエアリーマットレス「ハイグレード」HG90

ブレスエアーの寝心地を決める重要な要素は密度と厚みです。

密度と厚みを極めた、エアリーマットレスでもっとも厚みのある「ハイグレード」商品です。

【エアリーハイグレードHG90】

エアリーマットレスのハイエンドモデルですが、アイリスプラザのレビュー数が170くらいあります。(2018年4月時点)

やはりこの厚さですから、フローリングに敷く使い方が多いようです。
底付き感がない、という評価。さらにたて置き出来るのが良い、という評価が多いですね。
フローリングだと敷きっぱなしにしないので、使わないときの扱いも評価のポイントになるんですね。
それと、アレルギーの方の、「毎日、通気するのに縦おきしやすいのが良い」という感想もありますよ。
冬にフローリング直置きで寒かったので、断熱アルミシートをはさんで解消した、というものもあります。

私はコルクマットで試しました。コルクマットは滑りませんから、フローリングにもおすすめですよ。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリスプラザの歩き方 〜 目的のエアリーマットレスに迷わずにたどり着くには〜

エアリーマットレスは大手量販店店頭でも買えますが、大きなものなので通販がおすすめです。
アマゾンや楽天でも取り扱いがありますが、やはりおすすめはアイリスプラザです。
あれこれキャンペーンも多いので、タイミング次第ではずいぶんお得になります。
初めての方は登録が面倒ですが、ペット用品や、最近ではアイデアが光る炊飯器などの電化製品など、魅力的な商品が多いので、エアリーマットレス購入でゲットしたポイント利用が出来ますよ。

アイリスプラザは商品数が多いので、目的のページにたどり着くまで迷うかも知れませんね。
まず、品番の意味を説明しておきましょう。
こちらの画像は、価格の最下位モデル・スタンダードタイプ MAR-S を例にとったものです。

品番.jpg

基本この形式になっていますが、例外のものがあります。エアリーマットレス エクストラ です。

品番2.jpg

このようになっており、右端のサイズに該当する部分が「三つ折りタイプ・一枚タイプ」の違いになります。*この先、サイズ展開する場合、又変わりそうですが。


次にエアリーマットレスの目的の商品にたどり着くステップをご紹介します。


アイリスプラザ・エアリーシリーズのトップページです。
⇒ アイリスプラザ快適寝具エアリーシリーズ

 ↓ は開いた画面の左上部分です。右に商品名を入れていますので、見たい商品名の左をクリックして下さい。詳しい説明はどの商品ページにも掲載されています。

sidebar.jpg

このように厚さで分類されています。それぞれ確認してみますと・・・

●厚さ5センチマットレス


 厚さ5センチマットレス(スタンダード)【エアリーマットレス】
 品番が【MAR】と【MARS】【SMAR】があります。
 この違いはカバーです。中のエアロキューブはおなじものです。  
 ・ 両面がメッシュ生地のカバーが【MAR】
 ・ ニット生地とメッシュ生地のリバーシブルカバーの【MARS】
 ・ ジャガード織り風生地とメッシュ生地のリバーシブル【SMAR】

 厚さ5センチマットレス(かため)【エアリーPLUSプラス APMH】
こちらはサイズ違いだけで、シングル/セミダブル/ダブル が並んでいます。


●厚さ9センチマットレス


厚さ9センチマットレス をクリックすると開いたページには
【エアリーハイブリットHB90】と【エアリーハイグレードHG90】がまとめて表示されます。
厚さ9センチのエアリーマットレスの中材は【エアリーハイブリットHB90】と【エアリーハイグレードHG90】の2タイプがあるんですが、ひとまとめになっています。

■【エアリーハイブリットHB90】の特長
中材がエアロキューブとウレタンです。詳しくはこの記事で取りあげました。
⇒  アイリスオーヤマのブレスエアー新タイプ「エアリーハイブリットマットレス」
商品ページ厚さ9センチマットレス【エアリーハイブリットHB90 S・SD・Dサイズ】

■【エアリーハイグレードHG90】の特長
中材に厚さが9センチのエアロキューブを使っています。詳しくはこの記事で取りあげました。
⇒ 寝心地を決める「密度と厚み」を極めたエアリーマットレス「ハイグレード」HG90
商品ページ【エアリーハイグレードHG90】


●厚さ12センチマットレス


エアリーマットレス エクストラ 三つ折りタイプ AMEX−3S

これ、まさにエアリーマットレスの最高峰ですね。

エアリーマットレス エクストラ 三つ折りタイプ AMEX−3S

リバーシブルカバーのニット生地の方には綿が入っています。
こちらを上にするとあったかいですね。寒冷地の方には迷わずおすすめです。
三つ折りの場所にごとに、二枚のエアロキューブは組合せがかえてあります。
お尻部分の沈み込みを防ぐ為に、中央の部分は二枚とも硬めのエアロキューブの組合せです。
商品ページは多くの画像を掲載して、とても詳しく説明されています。

こちらのエクストラは、現在のところまだサイズ展開がありません。(2018年4月末時点)
三つ折りタイプ・一枚タイプがあります。
このクオリティでこの価格、エアウィーヴの半分程度です♪

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニトリのブレスエアー「エアトリップ」とエアリーマットレスとの違い

アイリスオーヤマのエアリーマットレスの人気に影響されたのか、オリジナルのブレスエアー製品を販売開始しています。
ニトリの商品分類はアイリスオーヤマとは違うので、どういう製品なのかがちょっとわかりづらいです。
アイリスオーヤマとニトリの違いを「ブレスエアー商品の扱い」についてヤジウマ目線で検証します。



■ アイリスオーヤマのブレスエアー商品(エアリーマットレス)の位置付け


アイリスオーヤマでは中材にブレスエアーを使った製品を「エアリーマットレス」とひとまとめにしてしています。
例えば、敷き布団として使うタイプはエアリーマットレスの中の「三つ折りタイプ」という分類です。
*敷布団のラインナップにエアリーシリーズがありますが、こちらは中材にエアロキューブ(ブレスエアー)と綿を使用しています。

独自設計のブレスエアーを開発して「エアロキューブ」と言う商標登録するくらいなので、中材そのものをアピールする分類にしています。
発売当初のテレビCMなどのメディア露出をみてもエアリーマットレスはアイリスオーヤマの戦略商品ですよね。



■ ニトリのブレスエアー商品(エアトリップ)の位置付け


一方、ニトリではブレスエアーを使った商品群をグループとして扱っていません。(2018年4月時点)
例えば、ブレスエアーの三つ折りタイプは「敷布団」の分類になっていて「クリーン&高通気 敷布団(エアトリップ)」の商品名で、その他の中材の敷布団と並べてあります。
一枚タイプのものは、ベッドマットレス、ベッドパットと区別するために商品分類を「マットレストッパー」としています。(苦労したのでしょうねぇw)


マットレストッパーの素材は低反発ウレタン、高反発素材としてブレスエアー、ウレタンがあります。
このブレスエアーを使ったマットレストッパーを「エアトリップ」と名付けています。
商品はこれです。
⇒ クリーン&高通気 敷布団(エアトリップ) ニトリ 【送料無料・玄関先迄納品】


《 余談 》
ニトリはベッドのマットにかなり力をいれているようですね。
オリジナル家具が収益比率が高く、なかでもベッドは稼ぎ頭のようです。
ベッド(フレームのみ)+ベッドマット この組み合わせが多彩にできます。
個人の好みにかなり絞り込んで選べるのが人気の理由でしょう。

ベッドマットの機能にこだわって完成度を高くしていますから、その上にマットレスを乗せて使う、という使い方を前提にしていないようですね。
ニトリのベッドマットレスを使う場合、クッション面での機能追加は必要ない、との自負があるように思います。

ベッドマットレスの上に敷くモノとして想定しているのは、ベッドパット(ごく薄い敷布団みたいなモノ)です。
ちなみに敷パッドというものもありますが、これはシーツの上に敷くものです。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © エアウィーヴと類似マットレス、ブレスエアー・エアリーの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます